デビットカードは国内でも海外でも便利

日本ではあまりデビットカードは流通していませんが、海外ではデビットカードは持っていて当たり前のカードです。

 

基本的に外国人が海外でクレジットカードを持つことはできませんが、デビットカードであれば持つことができ、簡単な支払いができるということで、特に海外在住者、もしくは海外によく行かれるという方には愛されいてるカードの種類でもあります。
そんなデビットカードについてここではご紹介しましょう。

 

デビットカード、色々なカードの種類がありますが、選ぶべきものはここではまず間違いなくマスターカードです。
クレジットカードの場合、VISAがおすすめなのですが、これが使えない所が最近ではあり、マスターカードであれば、大手ホールセラーストアでも問題なく使っていただくことができます。

 

そして、よく勘違いされるデビットカードとクレジットカードの違いですが、デビットカードはカード使って支払ってもそれはそのまま口座残高から引き落としされるのですが、クレジットカードの場合はローンを組むことになり、翌月以降の引き落としとなります。
ですので、簡潔に支払いを済ませたい方には便利なカードです。

 

注意する点は、扱いのないカード会社のデビットカードを使ってしまうと、無駄に手数料を支払うことになり、損をしてしまうので、デビットカードとして良く流通しているマスターカードなどを選ぶのがやはりおすすめです。
世界中どこでも問題なく利用できるので、おすすめの支払い方法ですよ。

 

気軽に使えるデビットカードで、スムーズに出金管理

デビットカードは銀行の口座に直接結びついているカードです。

現在多くの利用者は銀行のキャッシュカードについているデビットサービスをそのまま使っています。デビットカードでの支払い方法は、買い物をした際、店員にデビットサービス付きカードを渡し、暗証番号を打ち込むだけ。

 

サインは必要ありません。クレジットカードでの支払いがが後日まとめて決済されるのに対し、デビットカードはその都度その場で決済されます。クレジットカードの場合は、給料なり、ボーナスなりの先々の収入を当てにして買い物をすることも可能ですが、デビットカードの場合は預金残高以上の買い物は決してできないようになっています。

 

現金を持ち歩かなくても買い物できるという点ではクレジットカードと同じですが、デビットカードではその都度預金から直接引き落とされるので、ムダ使いの防止にもなりますし、支払い忘れということは決してないので家計の管理もスムーズです。

 

クレジットカードの使用は実は短期間の借金という考え方もあり、クレジットカードにはいまだに抵抗があるという方にはデビットカードはおススメです。

 

クレジットカードがないからと言って、いちいちATMで出金するという手間や手数料が省ける点も便利です。また、デビットカードは多くの企業で審査なしで作れるようになっていますし、年会費がかからない場合が多いです。暗証番号がわからないと使えないという点では、クレジットカードより安全性が高いとも言えます。