UCSカードの特徴と上手な使い方は

UCSカードは、最近進出が目立つスーパー「アピタ」「ピアゴ」で利用できるクレジットカードです。
カードを提示すれば買い物が5%お得になり、アピタでは毎月19日と20日、ピアゴは毎週金曜日が対象日となります。
UCSカードが選ばれるその他のメリットは以下の通りです。

 

・年会費は無料

年会費は永年無料で、200円ごとに1ポイント付与され、還元率は0.5%となります。
還元率は大したことはないのですが、何しろ5%オフがお得です。

 

・ポイントが使い易い

ポイントの有効期限は1年~2年間程ですので、早目に利用するのがおすすめです。
溜まった分は「Uポイント」として利用が可能で、1ポイント=1円で交換できます。

交換できる商品は「ユニー・ファミリマート商品券」「ユニコ電子マネー」「図書カード」「三井住友ギフトカード」に交換できます。
商品券や電子マネーは「アピタ」や「ピアゴ」で使用できるので、大変お得です。

 

・付帯サービスがある

UCSカードを提示すると、宇佐美直営のガソリンスタンドでガソリン・軽油・灯油が1リットルあたり2円の値引きになります。
また、タイヤやオイルなどのカー用品が5%オフになります。

 

UCSカードがあると旅行もお得にできます。年会費千円(税別)を支払えば、UCS旅とくプラスに入会できます。
家族全員分の旅行保険がついたり、海外旅行に出かけると千円分のギフトカードが貰えます。

 

UCSカードを持っていて、シティツアーズ電話予約センターを利用して旅行の予約をすると、旅行代金が最大8%オフになったり、旅行代金のポイントが5倍になります。

 

・デメリットは

UCSカードのデメリットは、還元率が0.5%と低いので、ショッピングメインのカードにはならないという点です。
主にアピタやピアゴで買い物をする時に利用するのがおすすめです。

ライフカードは年会費無料で高いポイント還元率が魅力

アイフルが発行しているライフカードは、年会費永年無料で作ることができるクレジットカードです。ライフカードはポイント還元率の高さで知られており、サブカードとして使うために作っておいても賢く使っていくことで効率よくポイントを貯めていくことができます。

 

通常利用で1ポイント5円という価値ですので還元率としては一般的ではありますが、ポイントが貯まりやすいボーナスプログラムやキャンペーン展開が豊富にあるところが魅力です。

たとえば、入会した年にはポイントが1.5倍になり、還元率は通常の0.5%から0.75%にアップします。翌年以降は前の年の利用金額に応じたステージ制でプログラムが提供されていくことになり、もちろん金額が大きいほどポイント倍率も高くなっていきます。

 

年間の利用金額が50万円以上であれば1.5倍、150万円以上で2倍といった具合です。さらに、毎年誕生日月には還元率が大幅にアップしますので、大きな買い物をする際には積極的にライフカードを利用するのがいいでしょう。

また、獲得したポイントに関しては電子マネーや商品券などにも交換することができますので、より便利に利用することが可能です。ドコモポイントや楽天スーパーポイント、電子Suicaのポイントに交換ができ、なおかつクオカードやJCBギフトカードにも変更することができるので、使い勝手のいいものに換えてポイントを有効利用できます。

ポイントの有効期限は繰り越して続きを行うことで5年まで延ばすことができますから、まとめて交換するのがおすすめです。

海外旅行には安心安全な海外プリペイドカードが便利です

海外旅行に行く時に、キャッシュだけ持って行くのは安全面で不安ですし、クレジットカードに頼ってしまうと際限なく使用してしまい思わぬ散財をしてしまう可能性もあるということで、どうすれば良いか迷う女性も多いかもしれません。

 

実は最近は海外プリペイドカードという大変便利な商品が出ています。これは自分であらかじめ作っておいたプリペイドカードの口座に入金しておけば、クレジットカードのように海外のレストランやショッピングなどに使えるというシンプルなシステムになっています。

 

海外プリペイドカードは数社で取り扱われていますが最も便利なのがJTBのツアーデスクでも直接購入できるプリペイドが初めての利用者にはわかりやすくておすすめです。MoneyT Globalというプリペイドで、世界中のVISA加盟店でなら入金した金額分いつでも使用可能です。

 

カード発行手数料が最初に500円ほどかかりますが、あとは口座管理手数料や入金手数料は一切無料なのが嬉しいポイントです。また現地でのプリペイドカード紛失時の対応も大都市などでしたらjTBのツアーデスクですぐに対応してもらえるのも便利な点です。

 

さらに入金後1時間ほどでカード使用ができるようになるのでプリペイドの金額が足りなくなってもオンラインで入金すると、しばらく待つだけですぐにお買い物に使用することができるようになります。また万が一盗難された場合も日本語コールセンターに電話一本ですぐに対応してもらえるので何かと安心です。

 

JTBの海外プリペイドカードの他にもマネパカードやキャッシュパスポートなどがそれぞれ旅行者からの人気があるようです。どれもメリットやデメリットがありますので比較検討して自分のプランやニーズに最も適しているプリペイドカードを選ぶようにしましょう。

還元率の高いクレジットカード選びで注視すべきは交換できるサービスや景品の幅広さはもちろん年会費も注目!

主にクレジットカードで電話や光熱費などの公共料金を支払ってたり、オンラインショップで生活用品や服飾品を購入してる場合は、次回の買い物の割引や飛行機マイルにも交換できるポイント還元率が高いカードを所持するのが断然お勧めです。

 

還元率が高いクレジットカードは基本的に1%以上のポイント還元があるブランドの事を指し、楽天カードやリクルートカードはその代表格になります。
つまり10万円の買い物で1000円以上の高額のキャッシュバックが期待できる訳で、ポイントを多く貯蓄するほど万単位のお金が自分の財布に返ってくる事も夢ではありません。

 

特にリクルートカードは1.2%の還元率を誇るので働く女性には大変好評で、提携会社のホットペッパーやポンパレで紹介されてる美容院や化粧品、居酒屋を利用購入する事で効率的にポイントが貯められます。

 

ちなみに、もっと要領良くポイントを貯蓄したいなら入会初月から一番高い還元率2%を半年適用できるメリットがあるオリコ・ザ・ポイントカードはお勧めで、電子マネーも搭載できるのでコンビニを頻繁に使う機会が多い人は必見です。

 

又、学生でも発行しやすいライフカードは、誕生月だけ2.5%のポイント還元を設定できる特典が毎年あり、自分へのご褒美プレゼントとしてまとめ買いする時には大きな助けになります。
自分に合う高還元のクレジットカードを探す時の注意点としては、交換できるサービスや景品の幅広さ、ポイントのつきやすさは是非細かくリサーチする事です。

 

尚、高還元率のクレジットカードは年会費を毎年請求されるので注意が必要であり、年間の買い物額が10万円を上回る条件をクリアしないと会費の優遇を受けられないケースが多いです。

 

更に三井住友VISAやアメックスなど銀行系クレジットのように旅行保険や傷害補償の内容は充実してると言い難いので、あくまで国内での買い物を存分に楽しみたい女性に高還元のクレジットカードは利用価値があると言えます。

ゴールドカードで自分自身にもステータスを

クレジットカードの所有率に関しては国内では性別、職業にも関わらずかなり高い所有率になっています。
一昔前はクレジットカードを所有しているだけでもステータスと感じる事はありましたが、今は複数枚を所有していることが当たり前の時代になり個人で感じるステイタスはほぼないに等しいといえます。

 

逆に自分に最適なクレジットカードを選んで必要のないクレジットカードを解約すると言う流れの方が強い状況です。
そんな中にあってもクレジットカードでもゴールドカードを所有すると言うことに関してはメリットが多くあります。

 

もちろん、ゴールドカードであれば特別な収入制限があるわけでもなく逆に特典があったり、 ステータスを感じることもあるかもしれません。さらにプラス面で言えば、利用の上限金額が増えたり、ゴールド会員ならではの特典もあるカード会社があります。

 

さらにいえば、ポイントの付加率についても通常のカードに比べると高いのが一般的です。だからこそ、複数枚のクレジットカードを所有していて、今後どうまとめようか迷っている女性にはまずは、自分自身に適したカードの選択、さらにゴールドカードの契約をお勧めしたいわけです。仮に年会費が必要な場合もポイント付加率や特典を考慮すれば、トータルでマイナスになることはないといえるでしょう。

 

こうしたクレジットカードを考える節目には自分のライフスタイルとともにゴールドカードの検討をいれてみてはいかがでしょう。

ETCカードのお得な選び方

ETCカードはETCカード単独で発効されるのではなく、クレジットカードの追加カードとして位置づけられています。そのためETCカードを選ぶときは、クレジットカードの特徴で選ぶことになります。

 

ETCカードの年会費は、ほとんどのカードで無料です。一部のETCカードでは年会費が発生しますが、高くても500円程度です。また、発行手数料が1000円ほどかかるカードもあります。
ETCカードを使用すると、その料金は本体のクレジットカードに請求されます。当然、クレジットカードにポイントがつきます。

 

クレジットカードのポイントをためて、景品やポイントなどに交換している方は少なくないはずです。商品券やポイントに交換すればお得に利用です。ETCの利用以外にも、買い物にクレジットカードをよく利用する場合は、ポイントの還元率で選ぶとよいでしょう。ETC利用のポイント付与の待遇をしているカードもあります。

 

ポイント還元率で選ぶときに気をつけたいのが、ポイントの有効期限です。あまりカードを利用しない場合はポイントがたまりにくく、ポイントと景品などと交換する前にポイント有効期限が過ぎてしまうことがあります。有効期限が長いものなら、カード利用額が少ない方でもポイントを利用できます。

 

ガソリン代値引き、割引カードもあります。ただし、年会費がかかるものもあるので注意が必要です。年会費の元をとるには、ある程度の給油量が必要です。車をよく運転してガソリン使用量が多い方にはお得かもしれません。

デビットカードは国内でも海外でも便利

日本ではあまりデビットカードは流通していませんが、海外ではデビットカードは持っていて当たり前のカードです。

 

基本的に外国人が海外でクレジットカードを持つことはできませんが、デビットカードであれば持つことができ、簡単な支払いができるということで、特に海外在住者、もしくは海外によく行かれるという方には愛されいてるカードの種類でもあります。
そんなデビットカードについてここではご紹介しましょう。

 

デビットカード、色々なカードの種類がありますが、選ぶべきものはここではまず間違いなくマスターカードです。
クレジットカードの場合、VISAがおすすめなのですが、これが使えない所が最近ではあり、マスターカードであれば、大手ホールセラーストアでも問題なく使っていただくことができます。

 

そして、よく勘違いされるデビットカードとクレジットカードの違いですが、デビットカードはカード使って支払ってもそれはそのまま口座残高から引き落としされるのですが、クレジットカードの場合はローンを組むことになり、翌月以降の引き落としとなります。
ですので、簡潔に支払いを済ませたい方には便利なカードです。

 

注意する点は、扱いのないカード会社のデビットカードを使ってしまうと、無駄に手数料を支払うことになり、損をしてしまうので、デビットカードとして良く流通しているマスターカードなどを選ぶのがやはりおすすめです。
世界中どこでも問題なく利用できるので、おすすめの支払い方法ですよ。

 

気軽に使えるデビットカードで、スムーズに出金管理

デビットカードは銀行の口座に直接結びついているカードです。

現在多くの利用者は銀行のキャッシュカードについているデビットサービスをそのまま使っています。デビットカードでの支払い方法は、買い物をした際、店員にデビットサービス付きカードを渡し、暗証番号を打ち込むだけ。

 

サインは必要ありません。クレジットカードでの支払いがが後日まとめて決済されるのに対し、デビットカードはその都度その場で決済されます。クレジットカードの場合は、給料なり、ボーナスなりの先々の収入を当てにして買い物をすることも可能ですが、デビットカードの場合は預金残高以上の買い物は決してできないようになっています。

 

現金を持ち歩かなくても買い物できるという点ではクレジットカードと同じですが、デビットカードではその都度預金から直接引き落とされるので、ムダ使いの防止にもなりますし、支払い忘れということは決してないので家計の管理もスムーズです。

 

クレジットカードの使用は実は短期間の借金という考え方もあり、クレジットカードにはいまだに抵抗があるという方にはデビットカードはおススメです。

 

クレジットカードがないからと言って、いちいちATMで出金するという手間や手数料が省ける点も便利です。また、デビットカードは多くの企業で審査なしで作れるようになっていますし、年会費がかからない場合が多いです。暗証番号がわからないと使えないという点では、クレジットカードより安全性が高いとも言えます。

デビットカードの特徴は知っていますか?ネットでお買い物時代には安心です

今は、欲しい時に欲しい物を買う時代です。

そんな時にクレジットカードがあるとないとでは便利さに差がつきます。

 

例えば、クレジットだと在庫が少なくてもその場で購入できたり、手数料を払わなくても良かったり、使えないばっかりで悔しい思いをする事がありません。

それだけでも解決できる事は最大のメリットだと思います。

 

手続きも簡単で、ジャパンネット銀行に口座を開くだけで、キャッシュカードと一緒のVISAデビットカードを作れるなんて楽の一言です。

デビットカードの特徴は知っていますか?これを知れば、クレジットカードのようにお金がなくても買い物出来てしまい、結果あとで後悔する事は絶対ににありません。

 

その理由は、使ったその瞬間に口座から引き落とされるからです。

計画通りにショッピングが出来、予算を超えることもないですし、分割払いの利息の事も全然考えなくて良いんです。

 

クレジットカードだと気持ちが大きくなりすぎる事があるんです。

2万円高いけどカードで買えちゃうしと支払いをして、次の支払いの時には頭を抱えてしまったり・・。

 

デビットカードなら借金にはならないし、年齢と問わず作れますし、審査不要でVISA付きのカードが作れるので、大きなお金を学生に持たせるのが不安だと思う親御さんにも好評です。

 

預けるのもコンビニやゆうちょで出来るので不便はないです。

ほとんどメリットばかりですが、ポイントが付かないのでそこがデメリットでしょうか。

ポイントの事は気にせず、便利さを選ぶ方が良いと思います。

楽天プレミアムカードはノーマルカードとどう違うの?

楽天プレミアムカードは楽天カードの上位に当たる存在ということで、楽天カードよりさらにサービスが充実したカードであると考えると分かりやすいかと思います。

 

ノーマル楽天カードの特徴

 

楽天カードはショップ内の買い物を、クレジット払いにすることでポイント1%+カード決済1%で合計2倍のポイントになります。

他にも商品未着あんしん制度、海外旅行傷害保険などのサービスを受けることが出来ます。

 

では、楽天プレミアムカードでは、さらにどのようなサービスを受けることが出来るのか、以下で見ていきましょう。

 

楽天プレミアムカードの特徴

 

クレジット払いについてはノーマルの場合と同じく、2倍になります。

街でショッピングの際に使って付与されるポイント数も変わりません。

しかし、ならではのサービスもあります。

誕生月は3倍になるというサービスです。

 

楽天市場、トラベル関係、エンタメ関係のいずれかのみとはなりますが、ポイントが3倍に増えます。

年会費が10800円かかるということもあって、保険関係はさらに充実することになります。

 

ノーマルでは海外旅行傷害保険のみだったのが、プレミアムの場合、国内旅行も対象になります。

さらに補償額は最大2000万円から最大5000万円に大幅にアップすることになります。

 

購入した商品の偶然の事故により生じた損害を補償してくれる動産総合保険が加わったのも大きな特徴と言えます。

ポイントアップは誕生月のみ、それ以外は楽天カードと同じということで、会員費を考えるとお得とは言い難いかもしれません。

 

しかし、補償が充実しているのはありがたいことです。

どちらを選ぶのかは人それぞれだと思います。

 

ただ、楽天カード同様、発行の際に大量のポイントをもらうことが出来ます。

それは絶対見逃さないようにして下さい。

初めてのクレジットカードはどれがいい?クレジットカードの申し込み方

現在、クレジットカードを発行している会社は複数存在しており、どの会社のクレジットカードを申し込めば良いのか迷う人は多いです。

その際は、どういったサービスを受けたいか、年会費無料なのが良いのか、ポイントはどこのポイントを溜めたいのか考えてから申し込むと良いでしょう。

 

単純に年会費無料で還元率が高いカードがよければ「楽天カード」がおススメです。

ワオンポイントやイオン系列の店で買い物する人は「イオンカード」が良いでしょう。

 

年会費無料のカードはポイント還元率のみ付属していて、海外手荷物や他の便利なサービスは付属していないことが多いです。

海外保証や手荷物、旅行中のサービスなど様々なサービスを受けたい場合は年会費有料のカードのほうが良いでしょう。

 

クレジットカードの申し込み方は簡単で、Tカードならツタヤ、イオンカードならイオン系列の店などカード発行会社が運営している店に行けば申込用紙があるのでそれを使って郵送で送るのも良いですし、ウェブ上から申し込むというのもよいかと思います。

 

ウェブで申し込むと入会ポイントや粗品がもらえることもありますので、少しでもお得に欲しい人はウェブから申し込んだほうが良いですが、入会特典などをもらう為の申し込み方法は各カードによって異なりますので、きちんと説明書を見てから申し込んでください。

 

カードには一般、ゴールド、プラチナ、ブラックなどがありますが、普通の人が申し込めるのはゴールドまでです。

まずは自分の申し込みやすい物を申し込みましょう。