一番簡単にクレジットカードを作るには

インターネットで作るのが一番簡単です。

 

クレジットカードの作り方は色々とありますが、一番簡単なのはネットで申し込んでしまう事です。
最低限の審査はありますが、今は学生でも作れるカードは多く、別に内容が甘い訳でもありません。

 

現在のクレジットカードは、その人のカテゴリーによって様々な種類があります。

先の学生向けのものや、収入が少ない人向けのもの、主婦に向けたポイントの貯まりやすいものや、大きな金額を使う人に向けたもの等があります。

 

あえて自分の使い方と違うカードを作るメリットもありますが、初めてならば自分の用途に会ったカードのモノの方が良いでしょう。別に1つしか作れない訳でもありませんから。

 

現在はクレジットカードを作る方法は3つで、書類を郵送するか、ネットで申し込むか、店舗に行って作るかです。

それぞれ違いもあるのですが、ネットが一番カードの発行が早く、その上キャンペーンなんかもやっている事が多いので、悩んでいるならネット一択になります。

相談したり、回線が無い場合は別のにするしかありませんが。

 

申し込み作業の工程はどれもさほど変わりません。

本人確認も、郵送の部分で済ます事が出来ます。

 

少し問題があるのは審査ですが、初めてであるのなら落ちる事はまず無いと言って良いでしょう。
もし落ちたら、それなりに作るのには苦労するかも知れませんが。

 

どのカードを作ればいいのかは、個人の好みで大きく変わってくるのですが、良いのは年会費無料のカードでしょう。

今は当たり前と言って良いぐらい年会費は無料です。

 

有料のものはそれだけサービスの質や幅が広くはなっていますが、無料の物でも大部分はカバーされています。

無料じゃ不満が大きい、と言う話は一度も聞いたことはありません。

 

無料であれば、カードを多く持っているデメリットもそうないので、見た目が可愛い、なんて理由で選んでも良いと思います。

失敗しないクレジットカードの作り方について

クレジットカードの作り方について書きたいと思います。

まずクレジットカードを作る時に一番重要なのはどのカードが一番自分にあっているかを考えることだと思います。

なぜなら、例えば飛行機に全く乗らない人が、飛行機に乗れば乗るほどポイントをもらえるクレジットカードを持っていてもほとんど利点はありませんから、自分に向いているカードを探すことから始めるべきだと思います。

 

女性であれば、百貨店が発行しているクレジットカードなどがお勧めで、その百貨店で買い物するにそのカードで支払うと10パーセントポイントがついたり、ポイントがたまれば商品券などと交換してくれるサービスを行っているクレジットカード会社もあります。

 

クレジットカード会社のサービスをネットなどで検索して、自分が受けたいサービスがどれなのかを知ることも必要だと思います。

 

注意点はやはり、限度額を最初の頃は10万円程度にしとくべきだと思います。

カードというと、現金が要らずに便利ですからどんどん使っても現金が減らずにお金を使う感覚が麻痺してくるというのがよく言われています。

 

そのため、カードの使い方になれるまでは、クレジットカード会社が限度額は50万円までいけますよと誘われても、限度額10万円にしてもらえますかといって、カードになれることも必要だと思います。

 

そこでしっかりと給料などでやりくりできて、カードの使い方に問題がなければ、限度額をチョットづつ上げていったらいいと思います。

クレジットカードの難易度ランクについて知っておこう

一つ持っておくと日々の買い物やいざというときに役立つのがクレジットカードです。
クレジットカードをまだ持っていないという人は、是非一枚作ってみると良いでしょう。
しかし、クレジットカードというと審査があったり在籍確認があったりと、とても面倒に思えますが実際の所はそうでもありません。
非常にカンタンな手続きで作れてしまいます。

 

クレジットカードを作るには、今はパソコンやスマホなどのネットを通じて申し込むことが出来ますし、実店舗があるところのカードならば、店頭で申し込みもすることが出来ます。
どちらも基本的に自宅に書類が郵送されてきて、それに記入して返送、2週間ほどで審査結果と通った場合のみカードが送られてくるという仕組みです。
私達がすることは、申し込みと書類記入の返送だけで、それ以外は何もする必要はありません。
その他の面倒なことは全部カード会社がやってくれますので、あまり気を揉む必要はないのです。

 

さて、クレジットカードには一般的に「ランク」と呼ばれている物があり、ランクの高いカードは作るのが容易ではありません。

 

例を挙げると、銀行系のカードというのは定職について勤続年数もあって、ある程度社会的身分が保障されている人に発行されます。
あまり自分の信用情報に自信が無いという人は、比較的作りやすいといわれる小売りとか流通系のカードを選ぶと良いでしょう。

 

楽天やイオンなどが発行しているカードは、ネットなどでも審査が緩めで利用者も多いカードとして知られています。
こういったカードを作ってみて、2枚目3枚目に本来の目的のカードを選んでみるというのも良い方法です。

 

審査落ちしたとしても何か罰則が発生するわけでもありませんから、まずは申し込み申請を行ってみると良いでしょう。

誰でも作れるクレジットカードってあるの?

アルバイトでもOKなカード

 

クレジットカードの申し込み、どうしていいのかわからない場合が多いですね。
インターネットから簡単に申し込むこともできますが、少し待ってください。

 

申し込んだ記録は、クレジットカード会社のデータベースに記録されて共有されるので、闇雲に申し込むと、申し込んだ記録が残って不利になることがあるのです。

 

申し込みの前に、大切なことを確認しましょう。
クレジットカードを持っていても、携帯電話の料金や、分割ローンの支払いをためていませんか?
こういう情報もデータベースに記録されているので、支払いに遅れのある人には、当然クレジットカード会社も慎重になります。

 

支払いの滞納があるという人は、すぐに滞納分を支払いましょう。
その場合、カードが持てないのかというと、そんなことはなくて、デビットカード兼用のカードを作ることができます。

 

楽天銀行のVISAデビットカード」や「スルガ銀行のVISAデビットカード」は、審査もほどんとなく、インターネットで申し込みをすることができるのでとても楽。

 

支払いの滞納のない人は、クレジットカードが持てます。
では、どのようなカードがよいのでしょうか。というよりも、どのカードが作りやすいのでしょうか。

 

小売店でカードキャンペーンをやっているときに、受付窓口のひとに作れるかどうか聞いた上で書類に記入して作るのがよいでしょう。

イオンや西友などのスーパーのカード、ルミネのような若者向けの百貨店のカードがおすすめです。

女性を顧客にしているため、キャンペーンをやっているときは収入があれば作りやすいですし、うまく窓口の人が審査に通るように口ぞえしてくれることもあるのです。

インターネットからクレジットカードを申込む際の注意点

基本的にネットを利用して申込む

 

昔はクレジットカードというのはハガキを利用したり、窓口を利用して発行の手続きをしていたことがあります。

しかし現在はそのような方法で発行していることは殆どありません。

 

今はクレジットカードを提供しているカード会社のホームページにアクセスし、そこからカードをの申込みをすることが多くなっています。

この方法はとにかく楽に申込みができるという所が良くて、しかも審査結果が早めに公表されることがあります。

1日で審査を終えているような会社も多くあるので、カードを発行できる状態をすぐ知られるようになっています。

 

インターネットからクレジットカードを申込む際の注意点としては、自分が審査を通過できるカードを知っておくことです。

 

クレジットカードはキャッシングなどと違い、発行するための難易度が存在します。

簡単に発行できるカードならすぐに手に入りますし、難しいものは普通の会社員でも審査に通らないことがあります。

どのカードが自分は発行出来るのかをしっかり把握して、最終的に発行するカードを決定するようにしてください。

年会費の高いカードほど難易度は高いと考えてください。

 

簡単にカードを発行したいなら、楽天カードのように年会費無料ですぐに発行手続きを行ってくれる会社が望ましいでしょう。

最近ではAmazonもクレジットカードの発行を再開しているので、このカードも利用しやすいものになっています。

あまり審査が厳しくないと言われているカードを発行して、その後で目当てのものに変えるという方法も有効です。

初めてクレジットカードを選ぶ際のポイント2つ

ilm14_bb01005-s「これから初めてクレジットカードを作ろう!」と考えている方は、事前にクレジットカード作成のポイントを押さえておくことが大切です。

以下では、基本となるクレジットカード選びのポイントをご紹介していきます。

1.ポイント還元率

 

rakuten_クレジットカード選びで一般的に最も重視されるのは、ポイント還元率です。

ポイント還元率とは、クレジットカードを利用した金額に応じたポイントが還元される割合のことを指しており、高ければ高いほど効率が良いと言うことができます。

 

概ね一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%程度とされていますが、高いものでは1.5%や2%というものも存在しています。

一概にポイント還元率が高いクレジットカードが優れているというわけではありませんが、非常に大切なポイントですので、覚えておきましょう。

 

2.付帯保険

 

jcb-eit_jpクレジットカードには、持つだけで付帯される保険というものが存在しています。

そのことを付帯保険と言い、旅行傷害保険やショッピング保険、盗難保険などが代表的です。

 

この付帯保険もクレジットカード選びのポイントとしてはとても重要です。

これらの付帯保険は人それぞれ必要とするものが異なるため、自分に合った付帯保険が付いたクレジットカードを選ぶように心掛けてください。

 

例えば、頻繁に旅行にいかれる方は旅行傷害保険、クレジットカードでの高額な買い物が多い方はショッピング保険が充実したクレジットカードがオススメと言えます。

 

年会費無料で付帯保険が一番充実しているのが「JCB EITカード」です。

海外旅行傷害保険が2000万円補償、ショッピングガード保険が100万円補償されます。

 

無料でここまで補償されるカードは大変珍しく貴重です。